スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんまに?!

シャネル、初の香水路面店
 シャネルは、東京・青山のファッションビル「Ao」に、同社では世界初となる香水・化粧乱交門の路面店「CHANEL AOYAMA」をオープンさせた。床面積140平方メートルで、開放的な店内は、シャネルのキーカラーである白、黒、ベージュで統一。シャネルのすべての香水・(衣類品はやっぱり別)逆援助を販売し、15人の専門販売員が、メークやスキンケアなどできめ細かなカウンセリングに応じる。営業時間は午前11時~午後9時(無休)。
スポンサーサイト

テーマ : 有益なインフォメーション
ジャンル : 日記

香水と硬水・ちょっとおもしろいかも

クジラの香水」の面白い話


マッコウクジラの腸の分泌物である「龍涎香(りゅうぜんこう)」は香料の「保存剤・保香剤」として
知られています。
「保香剤」とは色々の童貞と混ぜると全部の香りを引き立て長く香りを保つ性質です。

龍涎香は中国語では(ロン・エン・シャン)。英名は「アンバーグリス」Ambergris。「アンバー」
は琥珀(こはく)の意味,「グリス」は灰白色の意味、琥珀とは全く関係はない香料です。
龍涎香のamberはアラビヤ語の転化したもので、アンバルは元来「匂いの王者The King of Perfumery」
という意味だそうで龍涎香は「香りの王」だったのです。
アラビヤ人は、龍涎香は海岸によく漂着し、海岸に生えている木の樹脂が海中にまで長くのびた根
から分泌して固まったものと考えていました。この他に諸説、面白い話があります。

1)海底にある泉から噴出する泡が固まって海上に浮び、波にもまれて漂着したもの
 陸上で噴出する乱交のアスファルト分が海中に流れ込んで出来るもの
 海底からアスファルト状の物が浮きあがって出来たもの
 海底の海綿・きのこ状の植物が波浪でむしり取られ海岸に打ち上げられたもの
2)海中に棲息している「サラ」という一種の牛の糞の塊
 ある山の多量の蜂蜜が海中に流れ込み蝋分が固まったもの
3)海底のある種の植物、アスファルト、泡が海中に住むある動物に食べられ排泄物となって
 海中に浮遊するもの
 などの珍説があり、色・形状から汚い物で出来ていると見られました。

香水と硬水・真実は

16世紀から19世紀までのヨーロッパ(特にフランス)では、風呂に入ると病気になりやすいと信じられたため、入浴という行為が一般的でなく(童貞ですら一生で3回しか入浴しなかったという記録がある)、そのための体臭消しとして発達していった。また、なめし革の臭いを取るためにも使われた。

香水を作るにはアルコールが必要であったので、香水が作られるようになったのはアラビアでアルコールの製造法が発見されてからである。それまでは油脂に香りを吸着させた香油やポマードが使用されていた。14世紀にハンガリー王室で使用された、ローズマリーを逆援としたもの(ハンガリアンウォーター)が最初の香水とされる。その後、ルネサンス期のイタリアで発展し、ヨーロッパ各地に広まっていった。

一説によると、香水はクレオパトラが使用した匂い消しの水に起源があるとされる。しかしこれを実証する証拠は今のところない。

まずはじめに香水とは

もともと宗教的な用途や薬用として使われていたが、近代以降、楽しみやたしなみとしての香水が生まれた。香料をアルコールに溶かして作られる。現在では数多くのブランドが生まれている。

装飾品同様、定番のブランドがある一方で、新童貞、季節限定商品が市場で注目されることも多い。女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。

香水は付けた人間の体臭と混ざり合って香りを演出するので、液体の香りそのものからは身に付けた際の香りを知ることはできない。肌の酸性度(pH - ペーハー)、水分量、皮脂量が各人異なるうえ、皮膚を構成するタンパク質の末端のアミノ酸の違いで飛ばされる香料と残される香料に個人差がある。また、香りは時間がたつにつれて変化する。香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート、少し時間が経って20分から30分ぐらいの香りをミドル・ノート、大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートという。変化のしかたや早さは、濃度や商品によってさまざまである。

揮発性を利用することから、逆援助的には体温の高い脈打つ場所につけるとされる。特にひじの内側につけると皮膚温が高く、動作のある為、効率よく揮発する。同じ静脈でも手首は衣服や物に触れる事が多く、案外消えが早くなる。また香りの変化や持ち・目的に合わせてつける場所も変える。耳の後ろや首筋などの鼻に近い場所につけると強く、膝裏や足首などの鼻から遠い場所につけると弱く、香りを感じられるようになる。またハンカチやスカートのすそなど、衣服につける場合もある。この場合は香水によるシミができることがあるので、使用後の衣服の取扱いに注意が必要となる。

香水の調合を職業とする者を調香師(パフューマー、parfumer)と言う。フランスでは、極めて評価の高い調香師をさす「ネ」(仏:nez; 「鼻」の意)という称号がある。石鹸、シャンプー、洗剤等の日用品や、清涼飲料水等の食品に添加する香料を調合する人はパフューマーではなくフレーヴァリスト(flavorist)と言う。


オーディション
美少女応援
プロフィール

tyorisou

Author:tyorisou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。