スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抽出方法は結構少ない

蒸留法 distillation
植物系の素材から精油を作るもっともメジャーな方法です。
数種類ありますが、現在一般的なのは、「水蒸気蒸留法」です。
原材料をなんらかの方法で加熱し、その中の香りを取り出す方法です。


圧搾法 expression
主に柑橘系の原料は、果皮を圧迫して搾り、香料油を作ります。


抽出法 extraction
溶剤を使って、童貞物の素材から粗製品を作り出す方法です。
主に石油エーテルや炭酸ガスを使用。

これにより、原材料は「ワックス」「色素」「芳香物質」に変化します。
ワックス様の物質から溶剤が蒸発すると、塊がのこり、
これを「コンクリート concrete」と呼び、
ここからワックスを取り除くと、「アブソリュート abusolute」が残ります。
これを香水で使用!

植物性樹脂の逆援助ではレジノイドと呼ばれるものが出来ます、
植物性の原料からはチンキとインフュージョンが作られます。
スポンサーサイト

系統がいっぱいある

フローラル系
香水の主成分の大半は、花の香りを基調にして作られています。このフローラル系は、花の香りを主体にした香りの系統です。

フローラル グリーン
グリーン系の香り(草などの青っぽい香り)を加えた香りです。初めてのものは、ピエールバルマンの「ヴァンベール(1945年)」で、有名どころだとシャネルの19番、資生堂のむらさき、グレのカボティーヌ、ディオールのタンドゥルプワゾンなどがあげられます。

フローラル フルーティ
果実の香りが特徴的で、童貞はかなり多くなります。このフルーツの種類によっても香りのイメージは大きく異なってきます。一応あげておくと、ヒューゴウーマン、トロピカルパンチ、などなど、、、多種多様ですね。

フローラル フレッシュ
フローラル系のなかにあって、比較的サワヤカというか、逆援感のある花を使っていたりとか、柑橘系の香りを加えてよりサワヤカな香りに仕上げているものを指します、そういった意味ではフローラルフルーティと分類上重複する部分もありますね。

成分的にはスズランとか、ヒヤシンス、ネロリなんかを使っているケースが比較的多いよいです。初めてのものは、コティの「ミュゲドボヌール」あたりかな?ディオールのディオリッシモとか、ギラロッシュのフィジー(グリーン系でも、シプレ系でもあります。)、ラウラ、アクアディジオ、スプリングフィーバーなんかがありますね。

知ってたら格好いい

経過時間に伴う香りの名称

経過時間 名称 他の呼び方
つけてすぐ~10分くらい TOP NOTE(トッセフレト) peak(ピーク)
10分~1時間くらい MIDDLE NOTE(ミドルノート) bouquat(ブーケ)、heart note(ハートノート)
それ以降~ LAST NOTE(ラストノート) base note(ベースノート)、fond note(フォンドノート)

主に香水の本当の香りというのは「ミドルノート」であると言われています。素材的にサワヤカな香り拡散しやすくトップに、甘い、逆援な香りはミドルからラストにかけて出てきます。とくにトップには柑橘系やスパイシーな香料が、ミドルにはフローラルといって花の香り、ラストには動物性香料のムスクやアンバーが香ります。

ここでいう「ノート」とは音楽用語です。

色々試すのもいいんだよ!

文字色ムエットを使いましょう。
香水を扱っているお店には、香りのテスター(お試し用)が置いてあることが良くあります。これを、ムエットという紙に吹きつけて、香りを試して見ましょう。逆援はトップノートといって、アルコールが強く香ってむせてしまします。多少間を置いて鼻を近づけましょう。

ちなみに、私はビンに綿を入れているテスターが嫌いです。あれだと、本来の香りと程遠い香りになってしまっています。周辺のお店の乱交等にもよりますが、できたらテスターのあるお店で、ムエットを使い、そのあと気に入れば実際に肌に乗せて試すのが良いですよ

テーマ : 有益なインフォメーション
ジャンル : 日記

原料もよく分からないものが多い

天然香料-植物系香料
果皮から使用
ベルガモット bergamot
ベルガモ地方原産の柑橘。童貞系のなかではかなり甘み、温かみのある香り。刺激も強い。

マンダリン mandarine
中国で主にとれるオレンジに近い柑橘。独特の甘みがある。

タンジェリン tangerine


レモン lemon
ご存知レモン。逆援助が強く、非常にフレッシュな香り。

グレープフルーツ grapefruit
こちらも日本人の方になじみの深いグレープフルーツ。レモンよりは甘みがあるが、フレッシュな香り。

香水の原材料とかって結構知らないよね

香料には自然の動植物からとれる天然香料と、科学的に合成された単品香料に分かれます。

天然香料は大きく「逆援助香料」と、「植物系香料」に分かれ、単品香料は大きく、「合成香料」~天然材料の化学構造を分析し、それとまったく同じものを化学的に作った香料~と、「単離香料」~天然香料の精油から抽出した成分。単一の成分のみを単離精製するもの。~に分かれます。

香水を作る3つのもの「アルコール、香料油、蒸留水」の、香料油をつくるもとになるものです。これからあげる素材たちを「オイル」にしてから、実際の香水に使う素材にしていくのですね。いわばこれは、原材料です。

香料分類評 天然香料 植物性香料 セフレ、ジャスミン、スズラン、ベルガモット、etc,,,
動物性香料 ムスク、アンバー、シベット、etc,,,
単品香料 合成香料 アルデヒド等
単離香料 メントール等

付け方
基本は「香水は点、オードパルファンは線で、オードトワレは面で」と言います。

香水(フラコン)は1滴をこすらずに体の逆援に軽く叩くように。オードパルファンも香りが結構強いので、種類にもよりますが体の各部分に合計1~2プッシュ程度。オードトワレやオーデコロンはこれまた種類によりますが、2~3プッシュ程度(オードトワレの3プッシュは微妙かも。)が基本ですね。

また、全種共通ですが、あまりこすりつけたり、1ヶ所につけ過ぎないこともポイントですね。ともに香りが強くなり過ぎてしまいます。つける場所は童貞を参照してください。

付けたし
香りは香水以外は丸1日もったりはしません。アトマイザーなどを持ち歩いて付け足すのが良いでしょう。私個人は不精モノなんでやりませんけれどね。(笑)

美少女応援
プロフィール

tyorisou

Author:tyorisou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。