スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香水と硬水・真実は

16世紀から19世紀までのヨーロッパ(特にフランス)では、風呂に入ると病気になりやすいと信じられたため、入浴という行為が一般的でなく(童貞ですら一生で3回しか入浴しなかったという記録がある)、そのための体臭消しとして発達していった。また、なめし革の臭いを取るためにも使われた。

香水を作るにはアルコールが必要であったので、香水が作られるようになったのはアラビアでアルコールの製造法が発見されてからである。それまでは油脂に香りを吸着させた香油やポマードが使用されていた。14世紀にハンガリー王室で使用された、ローズマリーを逆援としたもの(ハンガリアンウォーター)が最初の香水とされる。その後、ルネサンス期のイタリアで発展し、ヨーロッパ各地に広まっていった。

一説によると、香水はクレオパトラが使用した匂い消しの水に起源があるとされる。しかしこれを実証する証拠は今のところない。
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

美少女応援
プロフィール

tyorisou

Author:tyorisou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。