スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香水と硬水・ちょっとおもしろいかも

クジラの香水」の面白い話


マッコウクジラの腸の分泌物である「龍涎香(りゅうぜんこう)」は香料の「保存剤・保香剤」として
知られています。
「保香剤」とは色々の童貞と混ぜると全部の香りを引き立て長く香りを保つ性質です。

龍涎香は中国語では(ロン・エン・シャン)。英名は「アンバーグリス」Ambergris。「アンバー」
は琥珀(こはく)の意味,「グリス」は灰白色の意味、琥珀とは全く関係はない香料です。
龍涎香のamberはアラビヤ語の転化したもので、アンバルは元来「匂いの王者The King of Perfumery」
という意味だそうで龍涎香は「香りの王」だったのです。
アラビヤ人は、龍涎香は海岸によく漂着し、海岸に生えている木の樹脂が海中にまで長くのびた根
から分泌して固まったものと考えていました。この他に諸説、面白い話があります。

1)海底にある泉から噴出する泡が固まって海上に浮び、波にもまれて漂着したもの
 陸上で噴出する乱交のアスファルト分が海中に流れ込んで出来るもの
 海底からアスファルト状の物が浮きあがって出来たもの
 海底の海綿・きのこ状の植物が波浪でむしり取られ海岸に打ち上げられたもの
2)海中に棲息している「サラ」という一種の牛の糞の塊
 ある山の多量の蜂蜜が海中に流れ込み蝋分が固まったもの
3)海底のある種の植物、アスファルト、泡が海中に住むある動物に食べられ排泄物となって
 海中に浮遊するもの
 などの珍説があり、色・形状から汚い物で出来ていると見られました。
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

美少女応援
プロフィール

tyorisou

Author:tyorisou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
seoパーツ
seoパーツ
  • seo
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。